【2016/9/26】ADA(障害のあるアメリカ人法)の国アメリカ、NY体験・視察旅行、リオデジャネイロパラリンピック報告会!

日本では、4月からアメリカのADAに相当する「障害者差別解消法」が始まり、2020年東京オリパラを4年後に控え、今後の日本はどうなっていくのか?

1.2016年8月24日(水)~29日まで、UDコンサルタントであるバリアフリーカンパニー代表中澤信と、UCLフェロー武者 圭氏が、ADAの国「アメリカ、N」Yを体感する旅に行ってきました。日常生活の様々なシーンで「ADA」がどう生かされているかを「公共交通機関、企業のオフィス」などを体験しつつ、ニューヨークを視察してきました。

2.「リオパラリンピック」の最新報告!今今大会から帰国されたばかりの「日本パラリンピアン協会 堀切功事務局長」をお迎えし、リアルな現地の状況について伺いました。

3.各分野を代表するゲストを交え、これからの日本の向かうべき姿について
日本と世界の差をどう縮めるか?各業界での取り組みを中心 にディスカッションをしました。
⇒やはり、最大の問題点は、本当の意味の「おもてなし」を提供出来るかということで意見が纏まりました。
・タクシー業界(BFC中澤信)
・航空業界(全日空CS&プロダクト・サービス室 CS推進部マネージャー 白井 昭彦氏)
・宿泊施設業界(会場から京王プラザホテルの方から)
・鉄道・バスなど(交通エコロジー・モビリティ財団 竹島 恵子様)