設立趣旨

Universal Communication Labo 設立にあたって

15664233681_96e0734bb5_k-1

ユニバーサルデザイン(バリアフリー)の様々なコンサルを続けている(株)バリアフリーカンパニー(BFC)に、この度、乙武洋匡氏が参加しUniversal Communication Laboをスタートする運びとなりました。

乙武洋匡UCL所長、中澤信BFC代表、BFCフェローはじめとする多様な英知を結集し、すべての人々が快適に社会生活に参加できる都市環境を「絆(きずな)」で構築していきます。そして持続性の高いユニバーサルな社会の実現を目指していきます。

ここで行われる多彩なセミナー・コミュニティ活動には、どなたでもご参加いただけます。

人々が社会生活を送るうえで支障となる環境的な障害や精神的な障壁を取り除き、その環境を持続するために必要な検証方法を模索します。

また、多様な人々(企業など)の交流の中で、新たなビジネスの可能性を検証していきます。

「2020年東京オリンピック・パラリンピック」を目指し、国連の「障害者権利条約」を批准し、日本で「障害者差別解消法」が施行されようとしている今こそ、UCLを立ち上げるチャンスであると我々は考えます。