本物の「ユニバーサルデザイン&バリアフリー」の導入をサポート

プロジェクト・フェロー 乙武洋匡 氏

乙武洋匡(おとたけ ひろただ)

乙武洋匡氏1998年、大学3年生のとき、『五体不満足』が出版されました。500万部を超すベストセラーとなるなど、想像もしていませんでした。その頃から「障害者の代表」と見られることに違和感を覚えるようになり、「福祉」とは意図的に距離を置き、「障害者の立場から」発言することは控えるようになりました。

あれから15年。大学卒業後はスポーツライターや小学校教師など、様々な活動を行ってきました。それらの経験から実感したのは、やはり「多様性」の大切さです。マイノリティであることで肩身の狭い思いをしている人が、まだまだこの社会には多く存在しています。そうした人々のために、少しでも尽力していきたい――そんな思いに至ったのです。

しかし、自分が通ってきた道しか知らない私には、社会的な見地から語れるような事柄が決して多くありません。自身の経験から語ることも大事ですが、他の障害や生きづらさを抱えている方についても謙虚に学ぶ必要性を感じています。

そんな思いから、今回、「株式会社バリアフリーカンパニー」プロジェクト・フェローとして活動させていただくこととなりました。誰もが安全で快適に過ごせる社会の実現に向けて、ハード(施設・商品など)・ソフト(サービス、人材など)の両面から提言を行ってきた同社のメンバーとして活動することで、私自身の学びを深めていくとともに、そこで学んだことを広く発信していくことが私の責務と考えております。

一人ひとりが胸を張って生きていくことのできる社会の実現に向けて、微力ながら尽力してまいりたいと思います。

作家・東京都教育委員
乙武洋匡

 

乙武洋匡氏乙武洋匡(おとたけ・ひろただ)

作家・東京都教育委員

1976年、東京都生まれ。大学在学中に出版した『五体不満足』(講談社)がベストセラーに。卒業後はスポーツライターとして活躍。その後、東京都新宿区教育委員会非常勤職員「子どもの生き方パートナー」、杉並区立杉並第四小学校教諭を歴任、教育への造詣を深める。教員時代の経験をもとに書いた初の小説『だいじょうぶ3組』が映画化され、自身も出演(2013年3月、東宝系で公開)。続編小説『ありがとう3組』も刊行された。おもな著書に『だから、僕は学校へ行く!』(講談社文庫)、『オトことば。』(文藝春秋)、『オトタケ先生の3つの授業』(講談社)、『だからこそできること』(武田双雲氏との共著、主婦の友社)がある。また、ツイッターを通じて発信するメッセージが注目を集めている。都内で、地域との結びつきを重視する「まちの保育園」の運営に携わるほか、2013年2月には東京都教育委員に就任。

このページをシェア

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

コラム カテゴリー

  • facebook
バリアフリーカンパニー ボラバイト募集!!
ユニバーサル・コミュニケーション・ラボ
Copyright © 株式会社バリアフリーカンパニー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.